メニュー閉じる

パスカルのさんかくけい【パスカルの三角形】

a +bn の展開(てんかい(しきの係数を,n = 0,1,2,3,4,5,…の(じゅんにもとめて(ならべたもの。この配列はパスカルよりもずっと以前から知られていたもので,次のような規則性(きそくせいをもっている。

(1)各行(かくぎょうの数は中央に(かんして左右対称(たいしょうである。

(2)(かく数はその左上と右上の2数の和に等しい。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP