メニュー閉じる

*パスツール(ルイ=)

(1822〜1895)フランスの化学者・細菌(さいきん学者。コッホとならぶ細菌(さいきん学の創始(そうし者。酒石酸(しゅせきさん(かんする研究から出発し,ついで乳酸菌(にゅうさんきんを発見,ものがくさるのは微生物(びせいぶつ(はたらきによるものであることを明らかにした。さらにその微生物(びせいぶつ細菌(さいきんはしぜんに発生するのではなく,外部から入りこんで,自分自身の(はたらきでふえることをつきとめ,ブドウ酒がくさるのをふせぐために低温殺菌法(ていおんさっきんほう考案(こうあんした。その後,動物や人間の病気の予防(よぼうの研究を行い,カイコの微粒子(びりゅうし病の予防(よぼう,ヒツジの炭そ病の予防(よぼう完成(かんせい。1885年には狂犬(きょうけん病の予防接種(よぼうせっしゅ成功(せいこうした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP