メニュー閉じる

はせがわとうはく【長谷川等伯】

(1539〜1610)安土桃山(あづちももやま時代の画家。能登(のと国(石川(いしかわ県)に生まれる。京都(きょうとにでて中国や日本の水墨(すいぼく画を学び,当時全盛(ぜんせいをほこっていた狩野派(かのうは対抗(たいこうして,自ら雪舟(せっしゅう5代目を名のり,独自(どくじ装飾(そうしょく画様式を確立(かくりつして長谷川派(はせがわは開祖(かいそとなった。代表作に「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ」「猿猴図(えんこうず」がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP