メニュー閉じる

はせくらつねなが【支倉常長】

(1571〜1622)江戸(えど時代の仙台藩(せんだいはん(藩主(はんしゅ伊達政宗(だてまさむね命令(めいれいで,遣欧使節(けんおうしせつとして1613年に日本を出発,メキシコをへて,翌年(よくねんスペインに到達(とうたつ。国王フェリペ3世に政宗(まさむねの手紙をわたし,1615年にはローマへ行き,法王(ほうおうパウロ5世に謁見(えっけんした。通商開始などの目的(もくてきははたせず,1620年に帰国。晩年(ばんねんはめぐまれなかった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP