メニュー閉じる

**パソコン

個人(こじんが所有・使用できるような価格(かかく性能(せいのうをもつ小型(こがたのコンピュータ。マイクロコンピュータともいう。マイクロコンピュータは,はじめコンピュータのCPUをIC化したマイクロプロセッサをさしていたが,1(まい基板上(きばんじょう周辺(しゅうへんのICをのせてつくった小型(こがたコンピュータのシステムをさすようになった。その後,手軽にあつかえるコンピュータが個人(こじん用に普及(ふきゅうし,パーソナル=コンピュータとよばれるようになった。大別(たいべつして,コンピュータ本体とディスプレイ(モニター)が別々になったデスクトップ(がたパソコンと,ディスプレイやキーボードが一体となったノート(がたパソコンがある。⇒コンピュータ

ハードウェアとソフトウェア

コンピュータ本体と,それに接続(せつぞくされる装置(そうち,電気回路や機械(きかい部品などをまとめてハードウェアとよぶ。それに対してハードウェアを動かすためのプログラムやデータをソフトウェアという。ソフトウェアには,文字入力や画面表示(ひょうじなど,基本的(きほんてきな動作をさせるための基本(きほんソフトウェア(OS)があり,それ以外の特定(とくていの仕事をさせるためには応用(おうようソフトウェア(アプリケーション=ソフト)が必要。代表(てきなOSには,マイクロソフト社のウィンドウズとアップル社のマッキントッシュがある。応用(おうようソフトウェアは目的(もくてき必要(ひつよう(おうじて購入(こうにゅうし,パソコン本体に組みこんで使う。

パソコンの活用

パソコンはすべての情報(じょうほうをデジタル信号(しんごうとしてあつかうため,文字や絵などの大量(たいりょう情報(じょうほう収集(しゅうしゅう記録(きろく処理(しょりするのに(てきしている。文書をつくる,複雑(ふくざつ大量(たいりょうの計算をする,イラストや図形をきれいにえがくなどのほか,その結果(けっか印刷(いんさつする,電子メールで送る,ホームページにのせる,データベースのデータにするといった方法(ほうほう情報(じょうほうを人と共有(きょうゆうしたり,見やすく整理しておくといったことに役だつ。またアプリケーション=ソフトや周辺機器(しゅうへんききによってさまざまな(はたらきをさせることができるため,目的(もくてきにそっていくつかの機能(きのうを組みあわせて使うことで,活用範囲(はんいを広げることができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP