メニュー閉じる

はたご【旅籠】

江戸(えど時代,本陣(ほんじん脇本陣(わきほんじん以外(いがいに旅人を宿泊(しゅくはくさせたところ。旅籠(はたご屋ともいう。はじめは宿泊(しゅくはくだけさせて,食事は燃料(ねんりょう代(木賃(きちん)をはらって自分でつくる木賃(きちん宿が多かったが,しだいに食事つきがふつうになり,これを「旅籠(はたご」とよんだ。交通(りょうの多い街道(かいどうには,専業(せんぎょう旅籠(はたご(のきをならべた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP