メニュー閉じる

はたさはちろう【秦佐八郎】

(1873〜1938)明治末(めいじまつ〜昭和期の細菌(さいきん学者。島根(しまね県に生まれる。第三高等学校(今の京都(きょうと大学)を卒業(そつぎょう後,伝染(でんせん病研究所に入り,北里柴三郎(きたさとしばさぶろうのもとでペスト(きんを研究。のちドイツに留学(りゅうがくしてエールリヒのもとで研究をつづけ,1910(明治(めいじ43)年,梅毒(ばいどくによく(く化学療法剤(りょうほうざいサルバルサン(606号)を発見した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP