メニュー閉じる

はちょう【破調】

短歌・俳句(はいく用語。強い表現効果(ひょうげんこうかをもとめて,5・7・5・7・7の短歌(和歌)の定型(ていけいや,5・7・5の俳句(はいく定型(ていけいを,あえてくずしてよむことをいう。字あまり・字(らずなどをふくめることもある。

用例

「ものい(四方(よも(けだものすらだにも (あわれなるかなや親の子を思(」(源実朝(みなもとのさねとも)。「木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ」(加藤楸邨(かとうしゅうそん

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP