メニュー閉じる

はっそうでんぶんり【発送電分離】

発電事業と送電事業を別々(べつべつの会社によって行わせようという考え方。これまで日本では発電・送電・配電(電気小売り)を,管内(かんないの電力会社が一体で管理(かんりし,独占(どくせんした事業を行っている。ぼう大な送電(もう維持(いじすることによって電力会社は巨大(きょだいな原子力・火力発電所を遠くにつくり,都市に大量(たいりょうに電力を供給(きょうきゅうすることができる。この送電(もう一種(いっしゅ公共財(こうきょうざいと考え,発電事業から分離(ぶんりすれば,たとえば都市近郊(きんこう小規模(しょうきぼ自然(しぜんエネルギー発電所を(もうけた電力供給(きょうきゅう,ほとんどの大工場がもつ自家発電装置(そうちからの売電など,地域(ちいきに合わせた,発電事業者の新規参入(しんきさんにゅうがうながされる可能性(かのうせいが大きい。1990年代,欧米(おうべいでは電力自由化にともない発送電分離(ぶんりが進み,日本でも2002(平成(へいせい14)年に政府内(せいふないで発送電分離(ぶんり検討(けんとうが行われたが,安定供給(きょうきゅう確保(かくほができないという電力会社の(もう反発によって立ち消えになった。2011(平成(へいせい23)年3月の東日本大震災(だいしんさいをうけて,電力供給(きょうきゅうの問題があらわになり,エネルギー政策(せいさくの見直しなどの空気のなか,ふたたび議論(ぎろんが起こっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP