メニュー閉じる

ハッブルのほうそく【ハッブルの法則】

1929年,アメリカ合衆国(がっしゅうこくのハッブルが発見した銀河(ぎんが後退(こうたい速度は距離(きょり比例(ひれいするという法則(ほうそく銀河(ぎんがの光や電波のスペクトル線は,一般(いっぱんに赤方偏移(へんい(波長の長いほうへのずれ)を(しめし,その赤方偏移(へんい銀河(ぎんが距離(きょり比例(ひれいする。赤方偏移(へんい銀河(ぎんが観測(かんそく者から遠ざかることによっておこるので,その赤方偏移(へんいの大きさは銀河(ぎんが後退(こうたい速度に比例(ひれいする。そこで,銀河(ぎんが後退(こうたい速度をV, 銀河(ぎんがまでの距離(きょりR とすると,ハッブルの法則(ほうそくは V = HR となり,H をハッブル定数という。

コーチ

 クエーサーには光の速度の90%以上(いじょうの速度で遠ざかっているものもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP