メニュー閉じる

はな【鼻<作品>】

芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ短編小説(たんぺんしょうせつ。1916(大正5)年に発表され,夏目漱石(なつめそうせき激賞(げきしょうを受けた。主人公の(そう禅智内供(ぜんちないぐは,あごの下までたれさがる長い鼻を気に病んでいるが,そのことを人に知られまいとしていろいろ苦心をする。さとりきれない主人公の心の動きを通して,人間のあわれさやおかしみをえがいた。◇題材(だいざいは『今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう』の「鼻を持ちあげて朝粥(あさがゆを食う話」から。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP