メニュー閉じる

*ハブ<動物>

沖縄(おきなわ地方では被害(ひがいが多く,人々の(なやみとなっている猛毒(もうどくのヘビ。平地から山地のいたるところにすみ,ネズミ(るいをもとめて人家内にも侵入(しんにゅうする。夜行(せいで日中は暗い場所にひそみ,夜間に活動する。卵生(らんせいで親は抱卵(ほうらんして守る。全長(ぜんちょう:1〜2m。分布(ぶんぷ奄美(あまみ沖縄諸島(おきなわしょとう。(は虫(るい トカゲ目 クサリヘビ科)

コーチ

 毒量(どくりょうが多く,毎年数百名の人がかまれ,数%が死亡(しぼうするが,近年は血清(けっせいなど医療(いりょうの進歩により死亡率(しぼうりつ(ひくくなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP