メニュー閉じる

ハーブ

古代では薬草として,現代(げんだいでは(らしのさまざまな領域(りょういきで使われている有用な植物。原産(げんさんは地中海沿岸(えんがん地方で,芳香(ほうこうがあり,花が可憐(かれんなのでよく栽培(さいばいされる。料理(りょうり菓子(かし・ハーブティー・ポプリ・化粧(けしょう水・入浴剤(にゅうよくざい染料(せんりょうなどに,花・葉・全草を生のまま,または乾燥(かんそうさせて利用(りようする。薬用としては消毒(しょうどく防腐(ぼうふ鎮静(ちんせい健胃(けんいなどに利用(りよう。◇代表的(だいひょうてきなものとして,ラベンダー・カモミール・ミント・バジル・セージ・タイムなど。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP