メニュー閉じる

パプアニューギニア(独立国)

ニューギニア島の東半部と,ビスマーク諸島(しょとう・ブーゲンビル島などの島々からなる国。政体(せいたい立憲(りっけん君主(せいで,元首はイギリス国(女)王。首都ポートモレスビー。大部分が熱帯(ねったい雨林気候(きこうで,コーヒー・カカオ・コプラなどのプランテーションが行われ,キャッサバ・タロイモなども栽培(さいばいされる。ブーゲンビル島では(どう産出(さんしゅつ。ニューギニア島北東部のオーストラリア信託統治領(しんたくとうちりょうニューギニアと,南東部のオーストラリア保護領(ほごりょうパプアが合体し,1975年にイギリス連邦(れんぽうの一員として独立(どくりつ面積(めんせき:46.3万km2,人口:686万。

国名の由来

(きゅうパプア地方と(きゅうニューギニア地方との合成(ごうせい語。

国旗(こっきの由来

右上の赤は太陽,左下の黒はメラネシアを表す。5つの星は南十字星でこの国が南半球にあることを(しめし,鳥は親善(しんぜんのシンボル極楽鳥(ごくらくちょうである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP