メニュー閉じる

はぶたえ【羽二重】

たて・よこともによりのない生糸(きいとを用いた,なめらかで光沢(こうたくがある絹織物(きぬおりもの。よこ糸は水でぬらして湿(しめらせて用い,地合いをひきしめる。ふつう平織(ひらおりだが,あや羽二重(はぶたえ,しぼり羽二重(はぶたえもある。◇羽二重(はぶたえの名は,おさ(たて糸の位置(いちをととのえ,よこ糸を(りこむのに用いる織機(しょっきの部品)一羽(ひとはにたて糸2本を通すことからといわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP