メニュー閉じる

バフンウニ

中型(ちゅうがたのウニで,その卵巣(らんそうはウニ(るい中の最上(さいじょうのものとして食用にされる。潮間帯(ちょうかんたいの石の下またはれきの多いところにむらがってすむ。殻径(かくけい:4cm,高さ:2cm以下(いか分布(ぶんぷ:北海道南部より九州までの日本固有種(こゆうしゅ。◇北海道以北には大型(おおがたのエゾバフンウニがすみ,食用として重要。(棘皮(きょくひ動物 ウニ(るい ホンウニ目 オオバフンウニ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP