メニュー閉じる

はまぐちおさち【浜口雄幸】

(1870~1931)大正・昭和時代の政治(せいじ家。高知(こうち県に生まれる。官僚(かんりょうをへて,衆議院議員(しゅうぎいんぎいん当選(とうせんし,大蔵大臣(おおくらだいじん内務大臣(ないむだいじん歴任(れきにん。1927(昭和2)年,立憲民政党結成(りっけんみんせいとうけっせいとともに総裁(そうさいとなる。1929(昭和4)年に総理大臣(そうりだいじんとなり,緊縮財政(きんしゅくざいせいの立場から金解禁(かいきん産業(さんぎょうの合理化,ロンドン海軍軍縮条約(かいぐんぐんしゅくじょうやく締結(ていけつなどを断行(だんこう。しかしその政策(せいさく軍部(ぐんぶ右翼(うよくから批判(ひはんをあび,1930(昭和5)年東京(とうきょう駅で右翼(うよく青年に(たれ,翌年(よくねんそれがもとでなくなった。◇独特(どくとくな顔だちから「ライオン宰相(さいしょう(首相)」とよばれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP