メニュー閉じる

はやしせんじゅうろう【林銑十郎】

(1876〜1943)大正・昭和時代の軍人(ぐんじん,第33代内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん石川(いしかわ県生まれ。1903(明治(めいじ36)年,陸軍(りくぐん大学校卒業(そつぎょう。長く不遇(ふぐうだったが1927(昭和2)年,陸軍(りくぐん大学校長に就任(しゅうにん,その後,近衛師団長(このえしだんちょう朝鮮軍司令官(ちょうせんぐんしれいかん栄進(えいしんする。32年の満州事変(まんしゅうじへんでは独断(どくだん朝鮮軍(ちょうせんぐん越境(えっきょうさせて問題を起こす。33年の斎藤実(さいとうまこと内閣(ないかく,34年の岡田啓介(おかだけいすけ内閣(ないかく陸軍大臣(りくぐんだいじん就任(しゅうにん広田弘毅(ひろたこうき内閣(ないかくのあと,宇垣一成内閣(うがきかずしげないかく組閣(そかく失敗(しっぱい平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう辞退(じたいがあり,37年2月,なりゆきで内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん就任(しゅうにん。「祭政一致(さいせいいっち」を所信表明(しょしんひょうめいして元老(げんろう重臣(じゅうしんをあきれさせ,4か月で内閣(ないかくをほうりだすかたちで総辞職(そうじしょく。世間は「なんにもせんじゅうろう内閣(ないかく」とからかった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP