メニュー閉じる

はやみぎょしゅう【速水御舟】

(1894〜1935)大正から昭和にかけて活躍(かつやくした日本画家。本名は蒔田栄一(まきたえいいち東京(とうきょう浅草(あさくさに生まれ,松本楓湖(まつもとふうこ(じゅく修業(しゅぎょうした。赤曜(せきよう会を設立(せつりつし,新しい日本画を目ざした。1917(大正6)年に京都(きょうとに移り,写実画に(てっしたが,大正末期(まっきには幻想的(げんそうてき表現(ひょうげんをこころみている。作風は徹底的(てっていてきな細かな描写(びょうしゃに,あざやかな色彩(しきさいを組みあわせ,幻想的(げんそうてきでふしぎな別世界(べっせかいをえがきだした。

コーチ

 1977(昭和52)年に「炎舞(えんぶ」「名樹散椿(めいじゅさんちん」が国の重要文化財(じゅうようぶんかざいに指定された。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP