メニュー閉じる

バラモンきょう【バラモン教】

古代インドの宗教(しゅうきょう。カーストの最高位(さいこういにあるバラモン(僧侶(そうりょ階級)を中心に,紀元(きげん前5世紀(せいきまでに発達(はったつした。自然崇拝(しぜんすうはいの多神教で『ベーダ』を根本の経典(きょうてんとして,カースト(せい社会のしくみをつくりあげた。のちに一時おとろえたが,土着の信仰(しんこうとむすびついてヒンドゥー教として復活(ふっかつした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP