メニュー閉じる

はるとしゅら【春と修羅】

宮沢賢治(みやざわけんじの詩集。1924(大正13)年(かん。東北のきびしい自然(しぜんや社会を題材(だいざいとしながら,壮大(そうだい宇宙観(うちゅうかんと人間(あいにつらぬかれた独自(どくじ詩的(してき世界をつくりあげている。◇「屈折率(くっせつりつ」「くらかけ山の雪」「岩手(いわて山」などの短い詩や,最愛(さいあいの妹としの死をうたう「永訣(えいけつの朝」,「無声慟哭(むせいどうこく」「青森挽歌(あおもりばんか」「小岩井(こいわい農場」などがおさめられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP