メニュー閉じる

はるのうみ【春の海】

宮城道雄(みやぎみちお作曲の(そう尺八(しゃくはちの二重(そう曲。1930(昭和5)年の宮中新年歌会始めの勅題(ちょくだい海辺(うみべ(いわお」にちなんで,1929年12月に作曲したもの。曲は,おそい-速い-おそいの3部分からなり,春の海ののどかな気分をえがいている。のちにシュメー(フランスの女性バイオリニスト)が(そう・バイオリンの二重(そう編曲(へんきょくしてから,海外でも広く知られるようになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP