メニュー閉じる

ハンク=ジョーンズ

(1918〜2010)アメリカのジャズピアニスト,作曲家(さっきょくか本名(ほんみょうはヘンリー=ジョーンズ,「ハンク」は愛称(あいしょう。ミシシッピ(しゅうの,裕福(ゆうふく音楽好(おんがくずきの家庭(かてい(まれる。(おとうとのサドも世界的(せかいてき有名(ゆうめいなジャズミュージシャン。(おさないころからピアノを(ならい,13(さいのころには吹奏楽団(すいそうがくだんなどで演奏(えんそうしていた。1944(ねんにニューヨークに(て,クラブでの演奏(えんそうをしながら一流(いちりゅうミュージシャンの演奏(えんそう(き,猛練習(もうれんしゅうにはげむ。40年代後半(ねんだいこうはんには伴奏者(ばんそうしゃとして一流歌手(いちりゅうかしゅから(たか評価(ひょうか信頼(しんらい(るようになった。50年代(ねんだいには人気(にんきピアニストとして名声(めいせい確立(かくりつ力強(ちからづよ繊細(せんさいなタッチ,個性的(こせいてき(うつくしいハーモニーは((もの魅了(みりょうし,以降(いこう,ソロ,一流(いちりゅうミュージシャンとのセッションで(おおくのステージ,録音(ろくおん(のこす。70年代後半(ねんだいこうはんからはロン=カーターらと「グレート・ジャズ・トリオ」でも活躍(かつやく。ジャズの歴史(れきし(きたピアニストとして((すう月前(げつまえまで現役(げんえき演奏(えんそう(つづけていた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP