メニュー閉じる

パンゲア

ウェゲナーが1915年に大陸移動説(たいりくいどうせつをとなえたときに想定した巨大(きょだい大陸(たいりく大陸移動説(たいりくいどうせつによると,現在(げんざいの南北アメリカ・ユーラシア・アフリカ・オーストラリア・南極(なんきょく各大陸(かくたいりくは,古生代末期(まっきまで1つにかたまり巨大(きょだい大陸(たいりくパンゲアを形成(けいせいしていたが,時代とともにしだいに分裂(ぶんれつし,現在(げんざいのすがたになったと考えた。その後,地磁気(ちじきの研究などからパンゲアの存在(そんざい証明(しょうめいされ,注目されるようになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP