メニュー閉じる

はんげしょう【半夏生<暦>】

(こよみの上での,雑節(ざっせつの1つ,七十二(こうの1つ。黄経(こうけい100度の点を太陽が通過(つうかする日と決められていて,だいたい7月1日か2日にあたる。半夏(はんげ(サトイモ科の薬用植物カラスビシャク)が生えるころとも,ハンゲショウの葉が白くなるころともいわれる。古くは農家にとっては農作業をしてはいけない,いましめの日とする習俗(しゅうぞくもあった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP