メニュー閉じる

*はんしゃ【反射<生物学>】

刺激(しげきに対してただちにおこる反応(はんのう反射(はんしゃ経路(けいろ反射弓(はんしゃきゅうといわれる。(もっと簡単(かんたん反射(はんしゃ求心性神経(きゅうしんせいしんけいをつたわった刺激(しげき直接(ちょくせつ遠心性神経(せいしんけいに入り,反応(はんのうとしてあらわれるもので,直接反射(ちょくせつはんしゃとよばれる。ふつうは脊髄(せきずいにある介在(かいざいニューロンをへて,遠心性神経(せいしんけいに入るもので,間接反射(かんせつはんしゃとよばれている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP