メニュー閉じる

はんしゅうきょうかいかく【反宗教改革】

16世紀(せいき宗教改革(しゅうきょうかいかく運動に対する,カトリック教会(がわ改革(かいかく。カトリック教会は,1545年に始まるトリエント公会議(かいぎにより反省(はんせいを深める一方,宗教裁判(しゅうきょうさいばんにより新教(をきびしく取りしまった。

コーチ

 イエズス会が結成(けっせいされて,海外の布教(ふきょうにのりだしたのもその1つ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP