メニュー閉じる

*はんせいかいかく【藩政改革】

江戸(えど時代に諸藩(しょはんで行われた政治(せいじ上の改革(かいかく封建制(ほうけんせい動揺(どうようがあらわれはじめた17世紀(せいき後半以後(いご幕政(ばくせい改革(かいかくとならんで行われた。寛政(かんせい改革(かいかくのころには熊本藩主(くまもとはんしゅ細川重賢(ほそかわしげかた米沢藩主(よねざわはんしゅ上杉治憲(うえすぎはるのり鷹山(ようざん)ら名君による改革(かいかくが有名で,特産(とくさん物など産業(さんぎょう奨励(しょうれいにつとめた。

コーチ

 19世紀(せいき天保(てんぽう改革(かいかくのころには,薩摩(さつま鹿児島(かごしま県)・長州(ちょうしゅう山口(やまぐち県)(はんなどの西南諸藩(しょはんが下級武士(ぶしを登用し,財政(ざいせい軍隊(ぐんたい整備(せいびにつとめ,明治維新(めいじいしんの中心勢力(せいりょくとしての基礎(きそをきずいた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP