メニュー閉じる

ハンセンびょう【ハンセン病】

らい(きんによっておこる感染症(かんせんしょう。かつては,らい,あるいはレプラと(ばれ差別(さべつされた。潜伏(せんぷく期が数年〜20年と長いが,感染(かんせん力は弱い。皮膚(ひふ粘膜(ねんまく神経(しんけいがおかされ,進行すると内臓(ないぞうもおかされる。熱帯(ねったい亜熱帯(あねったい地方に多い。◇かつてはなおりにくい病気とされていたが,現在(げんざいでは薬によって完全(かんぜんになおせるようになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP