メニュー閉じる

ばんづけ【番付】

相撲(すもう番付(ばんづけ表のことで,大相撲(おおずもうのすべての現役力士(げんえきりきし地位(ちいを書き表した1(まい(りもの。本場所終了後(しゅうりょうご3日以内(いないにその場所の力士(りきし成績(せいせきをもとに日本相撲協会(すもうきょうかい番付編成会議(ばんづけへんせいかいぎ編成(へんせいし,次の本場所前13日前後に発表され,印刷物(いんさつぶつとして各相撲(かくすもう部屋や関係者(かんけいしゃ配布(はいふされる。それまで興業(こうぎょうのたびごとに板書されていたものが江戸(えど時代の享保(きょうほう年間(1716〜35)に木版刷(もくはんずりで版行(はんこうされるようになり,1757年に1(まいものの現在(げんざいの形に近いものになった。そのころ江戸(えど大坂(おおさか京都(きょうと別々(べつべつに行われていた相撲興業(すもうこうぎょう反映(はんえいして東と西というふりわけの順位(じゅんいづけができあがった(相撲(すもうが全国(てき統一(とういつされてからは地域(ちいきや出身地での東西のふりわけではなくなり,東方が西方より同地位(どうちいでも半枚分格上(はんまいぶんかくうえとされる)。現在(げんざいのものでいえば,横綱(よこづなを筆頭に大関以下(おおぜきいかの三役,前頭(まえがしら十両(じゅうりょう幕下(まくした三段目(さんだんめ序二段(じょにだん序ノ口(じょのくちまで前相撲(まえずもうをのぞくすべての力士(りきしが東西に分かれて記載(きさいされ,さらに行司(ぎょうじ年寄(としより(親方(しゅう),呼出(よびだし,床山(とこやままで,ほとんどの相撲協会関係者(すもうきょうかいかんけいしゃの名が記されている。番付表担当(ばんづけひょうたんとう行司(ぎょうじによって今もすべて手書きされ,写真製版(せいはん印刷(いんさつされている。◇いわゆるベスト10方式の一本化した順位(じゅんいではなく,東西に同レベルを並行(へいこうさせる順位(じゅんいづけの形式が日本人の感性(かんせいに合い,江戸(えど時代から現在(げんざいにいたるまで,園芸(えんげい植物番付(ばんづけ,名所番付(ばんづけ温泉番付(おんせんばんづけ酒徒番付(しゅとばんづけ,今年のヒット商品番付(ばんづけなど,さまざまなジャンルでも利用(りようされている。⇒相撲(すもう,日本相撲協会(すもうきょうかい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP