メニュー閉じる

*はんばつせいじ【藩閥政治】

明治(めいじ時代,薩摩(さつま鹿児島(かごしま県)・長州(ちょうしゅう山口(やまぐち県)(はんの出身の政治(せいじ家が政権(せいけんをひとりじめして行った政治(せいじ明治維新(めいじいしん薩摩(さつま長州(ちょうしゅう土佐(とさ高知(こうち県)・肥前(ひぜん佐賀(さが県)の4(はんを中心になしとげられたので,この4(はんの出身者が政治(せいじ実権(じっけんをにぎったが,のち征韓論(せいかんろんをめぐって分裂(ぶんれつし,薩長(さっちょう(はんの出身者が大きな勢力(せいりょくをもった。この藩閥政治(はんばつせいじに反対して自由民権(みんけん運動や大正時代の護憲(ごけん運動がおこされ,藩閥(はんばつ勢力(せいりょくはしだいにおとろえていった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP