メニュー閉じる

*ハンムラビほうてん【ハンムラビ法典】

紀元(きげん前1770年ごろ,バビロニアのハンムラビ王がつくった法典(ほうてん。世界最古(さいこ法律(ほうりつの1つ。高さ225cmの石柱に,くさび形文字で(きざんでいる。282(じょうからなり,刑罰(けいばつ・土地所有・財産相続(ざいさんそうぞくなどについてくわしく規定(きてい

コーチ

 「目には目を,歯には歯を」という規定(きていや,身分によって(けいをかえる規定(きていがある。

史料

ハンムラビ法典(ほうてんのおもな内容(ないよう

1.人を死刑(しけいにあたいするとして(うったえ,立証(りっしょうできなければ,死刑(しけいにされる。

128.(つま(ても,かの女のために契約(けいやく書をつくらなければ,その女は(つまではない。

195.父を打った子は,指を切られる。

196.自由人の目をつぶしたものは,その目をつぶされる。

199.他人の奴隷(どれいの目をつぶしたり,(ほね(ったものは,その奴隷(どれい(あたいの半分を支払(しはらわねばならない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP