メニュー閉じる

ピーエムにてんご【PM2.5】

大気中にただよう,粒子径(りゅうしけいが2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=1000分の1mm)以下(いかの小さな粒子(りゅうしのこと。微小粒子状物質(びしょうりゅうしじょうぶっしつ。工場や自動車から排気(はいきされる粉塵(ふんじん土壌(どじょう破壊(はかいされた建築(けんちく物の粉塵(ふんじん海塩粒子(かいえんりゅうし花粉(かふん由来やカビの胞子(ほうし,さらに排気(はいきされた化学物質(ぶっしつ金属物質(きんぞくぶっしつが大気中で化学反応(はんのうをおこして微粒子(びりゅうしとして生成(せいせいされたものなどがある。PM2.5などの微小粒子(びしょうりゅうしは体のなかに入りやすく,呼吸器(こきゅうき(けい(はい疾患(しっかんをひきおこす原因物質(げんいんぶっしつとなる。◇日本では2000年代(はじめにディーゼル車の排気(はいきガス中のPM2.5の健康被害(けんこうひがいが問題になり,東京(とうきょう都を中心に排気(はいきガス規制(きせいが行われてかなりの部分が改善(かいぜんされた。2013年になり中国で大気汚染(おせん急激(きゅうげき深刻(しんこくとなり,PM2.5も偏西(へんせい風にのって日本に流れてきているため,各自治(かくじち体では観測体制(かんそくたいせいを強化し,注意をよびかけている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP