メニュー閉じる

ひかげきょくせん【日影曲線】

水平面に鉛直(えんちょくに立てた(ぼう先端(せんたんが落とす(かげをむすんで(られる曲線。太陽の動きなどを調べるのに用いられる。春分・秋分の日影(ひかげ曲線は直線になり,夏至(げしには(ぼうのほうをむいた弧状(こじょうの曲線になり,冬至(とうじには外向きの弧状(こじょうの曲線となる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP