メニュー閉じる

ヒカゲチョウ

名前の通り,林の周辺(しゅうへんや日かげに多く見られ,夕方やくもりの日に活発に行動するチョウ。和名は,日かげにすむチョウという意味からつけられた。ふつう5〜9月にあらわれ,年2回発生する。暖地(だんちでは年3回,寒冷(かんれい地では年1回あらわれる。花におとずれることはなく,クヌギなどの樹液(じゅえき,動物のふんや死体,くさった果実(かじつなどに集まる。日本特産種(とくさんしゅ開張(かいちょう:50〜60mm。(られる時期(じき:5〜10(がつ分布(ぶんぷ本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP