メニュー閉じる

ひがしティモール【東ティモール(民主共和国)】

東南アジアの南部,小スンダ列島(れっとうのティモール島の東半分と西ティモールの(び地オクシ,付近(ふきん諸島(しょとうからなる島国。政体(せいたい共和政(きょうわせい,元首は大統領(だいとうりょう。首都ディリ。国土は山がちで,主要産業(しゅようさんぎょうはサトウキビ・コーヒー・米などの農業,漁業(ぎょぎょう。工業は未発達(みはったつだがティモール海の石油・天然ガスの開発が進められている。もとポルトガル(りょうであったが,ポルトガルの植民地解放(かいほう方針(ほうしんにより1975年,独立派(どくりつはとインドネシア合併派(がっぺいはとの間で内戦(ないせん勃発(ぼっぱつ翌年(よくねん,インドネシアが軍事介入(ぐんじかいにゅうし自国に併合(へいごうしたが,国連(こくれんはそれをみとめず,独立派(どくりつはとの戦闘(せんとうがつづいた。1999年8月,国連(こくれん管理(かんり下で独立(どくりつかインドネシア残留(ざんりゅうかの住民投票(とうひょうがおこなわれ,独立派(どくりつは圧勝(あっしょう国連(こくれん東ティモール暫定行政機構(ざんていぎょうせいきこう統治(とうち(て,2002年5月独立(どくりつ面積(めんせき:1.5万km2,人口:112万。

国名の由来

ティモール島の東半分にありこの名がある。ティモールは,日が(のぼる場所の意味。

国旗(こっきの由来

(色は植民地主義(しょくみんちしゅぎ主義(しゅぎ痕跡(こんせき,赤は祖国解放(そこくかいほうのためのたたかい,黒は克服(こくふくすべき蒙昧主義(もうまいしゅぎ,白は平和,星は未来(みらいへの希望(きぼうを表す。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP