メニュー閉じる

*ひがしまわりこうろ【東廻り航路】

江戸(えど時代,奥羽(おうう(東北)地方の日本海岸から津軽海峡(つがるかいきょうをへて太平洋に出,江戸(えどにいたる航路(こうろ。はじめ銚子(ちょうし千葉(ちば県)から利根(とね川を利用(りようして川船に乗りかえて江戸(えどに入っていたが,1671年に河村瑞賢(かわむらずいけん銚子(ちょうしから江戸(えどに直行する海路を開いてから発達(はったつした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP