メニュー閉じる

ビカリア

新生代の一時期にさかえた貝。長い(とう形の(き貝で,12〜15回まき,角のようなとげが周囲(しゅういにある。(からの口の外(がわのくちびるのような部分は(あつくなり広がっているが,その上方に切れこみがある。熱帯(ねったい地方の河口付近(かこうふきん泥地(でいちに住んでいたと考えられている。

コーチ

 ビカリアは新生代の示準(しじゅん化石である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP