メニュー閉じる

ヒカリゴケ

山地のうす暗いほら(あなの中などに生えるコケ。(くき単一(たんいつで直立し,高さ5〜12mmになる。雌雄異株(しゆういしゅ。原糸体(胞子(ほうし発芽(はつがして糸(じょうになったもの)は長く生存(せいぞんし,光を反射(はんしゃして光る。分布(ぶんぷ:北海道・本州の中部以北(いほく・北アメリカ・ヨーロッパ。◇埼玉(さいたま県の吉見百穴(よしみひゃくあな長野(ながの佐久(さく市の生育地は天然記念物(てんねんきねんぶつ。(コケ植物(しょくぶつ せん(るい シッポゴケ(もく ヒカリゴケ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP