メニュー閉じる

ひかりじきディスク【光磁気ディスク】

レーザー光と磁気(じき利用(りようしてデータの読み書きや消去ができるようにした大容量(ようりょう記憶媒体(きおくばいたい。MO。データを(きこむときには,強いレーザー光をあてて記録(きろく面の温度をあげて磁化(じかを行う。それを読みだすときには,弱いレーザー光をあてて,その反射(はんしゃ光の偏光(へんこう面の回転角が磁化(じかの方向によって(ことなることを検出(けんしゅつする。◇パソコンでよく使われるのは直径(ちょっけい3.5インチのメディアで,容量(ようりょうは128MB(メガバイト),230MB,640MB,1.3GB(ギガバイト)などである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP