メニュー閉じる

ヒジキ【<鹿尾菜>】

古くから食用にされてきた褐藻(かっそう潮間帯(ちょうかんたい(海岸の満潮(まんちょう線と干潮(かんちょう線の間)下部の岩上に群生(ぐんせいする。長さ:20〜100cm。分布(ぶんぷ:北海道室蘭付近以南(むろらんふきんいなんの太平洋沿岸(えんがん・九州沿岸(えんがん朝鮮(ちょうせん半島沿岸(えんがん・東シナ海。◇春に採集(さいしゅうして,鉄がまで(て,適当(てきとうな長さに切って(したものが,(しひじき。(褐藻(かっそう植物 ヒバマタ目 ホンダワラ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP