メニュー閉じる

ひしだしゅんそう【菱田春草】

(1874〜1911)明治(めいじ時代の日本画家。長野(ながの県に生まれる。東京美術(とうきょうびじゅつ学校(今の東京芸術(とうきょうげいじゅつ大学)で橋本雅邦(はしもとがほうに学んだ。岡倉天心(おかくらてんしんにしたがって雅邦(がほう横山大観(よこやまたいかんらと日本美術(びじゅつ院の創立(そうりつにくわわり,日本画の革新(かくしんにつとめた。代表作に「武蔵野(むさしの」「黒き(ねこ」「落葉(おちば」がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP