メニュー閉じる

*ビスマルク(オットー=)

(1815〜1898)ドイツの政治(せいじ家。鉄血宰相(てっけつさいしょうといわれた。1862年プロイセンの首相となり,軍備(ぐんび拡大(かくだいしオーストリア・フランスをやぶり,1871年プロイセン王ウィルヘルム1世を皇帝(こうていとするドイツ帝国(ていこく建設(けんせつ(みずか初代(しょだい首相となり,1890年まで,その地位(ちいにあった。

コーチ

 外交ではたくみにフランスを孤立(こりつさせ,内政(ないせいでは,産業(さんぎょう保護(ほごし社会主義(しゅぎ運動をおさえながら社会保障政策(ほしょうせいさくをすすめた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP