メニュー閉じる

ヒッグスりゅうし【ヒッグス粒子】

ヒッグス(として空間を(たし,すべての素粒子(そりゅうし質量(しつりょうをあたえていると考えられる粒子(りゅうし。1964年にイギリスの物理学者ヒッグス(ピーター=)(1929〜 )によって理論的(りろんてき予言(よげんされた粒子(りゅうしで,ビッグバンにより宇宙(うちゅう誕生(たんじょうした直後,1000(ちょう℃という(ちょう高温の中,ヒッグス粒子(りゅうし(ヒッグスボソン)は蒸発(じょうはつした状態(じょうたいで,すべての素粒子(そりゅうしは何の抵抗(ていこうも受けずに自由運動をしていた。つまり,力を受けたときの加速(かそくのされにくさが0ということで,質量(しつりょうが0であった。そして1兆分(ちょうぶんの1秒後,蒸発(じょうはつしていたヒッグス粒子(りゅうしが空間を(たし(「真空の相転移(そうてんい」という),素粒子(そりゅうしはブレーキを受け,質量(しつりょうをもつことになったといわれる。ヒッグス粒子(りゅうし存在(そんざい現在(げんざいのところ確認(かくにんされていないが,素粒子(そりゅうし物理学の「大統一理論(だいとういつりろん」にその存在(そんざい不可欠(ふかけつである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP