メニュー閉じる

ひふかんかく【皮膚感覚】

皮膚(ひふにある感覚(かんかく点より知覚(ちかくされる感覚(かんかく皮膚感覚(ひふかんかくには触覚(しょっかく圧覚(あっかく)・温覚(おんかく冷覚(れいかく痛覚(つうかく・かゆみ・くすぐったさ・振動(しんどうなどの感覚(かんかくがおこるが,これは皮膚(ひふの表面にある,触点(しょくてん圧点(あってん)・温点(おんてん冷点(れいてん痛点(つうてんなどの感覚(かんかく点が刺激(しげきを受けておこる感覚(かんかくである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP