メニュー閉じる

ビヤークネス(ヤコブ=)

(1897〜1975)ノルウェーの気象(きしょう学者。のちにアメリカ合衆国(がっしゅうこく移住(いじゅう。父のV.ビヤークネス(1862〜1951)の指導(しどうのもとに1919年に「移動性低気圧(いどうせいていきあつ構造(こうぞう」の論文(ろんぶんを発表し,前線と低気圧(ていきあつ関係(かんけい(き明かした。◇近代気象(きしょう学の基礎(きそをきずいた世界的(せかいてき気象(きしょう学者である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP