メニュー閉じる

*びょうどういん【平等院】

京都府宇治(きょうとふうじ市にある寺。平安時代中ごろ,藤原頼通(ふじわらのよりみち宇治(うじ川のほとりにあった別荘(べっそうを寺にしたもので,1052年に本堂(ほんどう建立(こんりゅうし,翌年(よくねん阿弥陀堂(あみだどうについで,以後(いご,多くの堂塔(どうとうがつくられた。

交通

京阪(けいはん電鉄宇治(うじ駅下車。

コーチ

 阿弥陀堂(あみだどう国宝(こくほう)は鳳凰堂(ほうおうどうともよばれ,代表的(だいひょうてき寝殿造(しんでんづくりで,極楽浄土(ごくらくじょうどをおもわせるはなやかな建物(たてもの本尊(ほんぞん阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう定朝(じょうちょうの作で国宝(こくほう)は寄木造(よせぎづくりの仏像(ぶつぞうで,当時の代表的彫刻(だいひょうてきちょうこくである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP