メニュー閉じる

ピョートルたいてい【ピョートル大帝】

(1672〜1725)ロシアをヨーロッパの絶対主義(ぜったいしゅぎ諸国(しょこくとならぶ強国にした皇帝(こうてい在位(ざいい1682〜1725)。ピーター1世。1697年から翌年(よくねんにかけ,身分をかくして西ヨーロッパを旅行した。帰国後,強力な改革(かいかくをすすめ,新しい首都ペテルブルク(サンクトペテルブルク)を建設(けんせつして「ヨーロッパへの(まど」とした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP