メニュー閉じる

*ひらがな【平仮名】

仮名(かな一種(いっしゅ万葉仮名(まんようがなをくずした草書(そうしょ体がもとになってできた仮名(かなのこと。漢字は画数が多く,書くのに時間もかかるし,また漢字の表意的(ひょういてき用法(ようほう区別(くべつするために簡略(かんりゃく化されていった。平安時代の初期(しょきから中期にかけて発達(はったつし,おもに和歌や手紙文などに用いられた。主として女性(じょせいたちに愛用(あいようされたので「女手」「女文字」とよばれた。◇漢字は「男手」「男文字」とよばれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP