メニュー閉じる

ヒラタケ

春から初冬(しょとうにかけて,広葉樹(こうようじゅ,ときに針葉樹(しんようじゅ(れ木に群生(ぐんせいし,栽培(さいばいもされる食用キノコ。カンタケともいう。栽培(さいばいのものは,「シメジ」の名で市販(しはんされ,野生のものよりかさが小型(こがたで,(が長い。かさの直径(ちょっけい:5〜15cm。(の高さ:1〜4cm。分布(ぶんぷ:日本全国(ぜんこく。(真菌(しんきん 担子菌類(たんしきんるい ハラタケ目 ヒラタケ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP